マッチングアプリでモテる写真とは?撮り方のコツを教えます!

  • URLをコピーしました!

マッチングアプリを始めるときにまず必要なのはプロフィール写真です。

自己紹介の文章だけではなく、顔写真も重要視されることが多いマッチングアプリ。

顔写真のない方、料理やペットの写真、顔が隠れていてほぼ誰かわからない…そんな写真を登録していませんか?

そこで今回は、ウエディングフォトグラファーとして約5年間活動していた筆者の視点から、どんな写真を撮ればいいのかご紹介します!

どんな顔写真にすれば「いいね」がたくさんもらえるのか、また相手に良い印象を与えるのか、是非参考にしてみてくださいね。

目次

マッチングアプリの写真はなぜ大事?

マッチングアプリの写真なんてなんでもいいんじゃない?と思っているそこのあなた、それはNGです!

そもそもマッチングアプリは顔の知らない相手といいねを送り合って始まるシステム。

顔写真を載せることに抵抗があるという方もいると思いますが、顔がわからない相手とやり取りすることに不安を感じる方も多いです。

また、本気で恋人を探しているの?と疑われることもあるので、やはり最低でも1枚はしっかりとした写真を載せるべきです。

マッチングアプリによっては、ランダムで顔写真のみ表示され、そこで「いいね」「ごめんなさい」と選ぶアプリもあるくらい、顔写真は重要視されています。

相手に良い印象を与え、なおかついいねをもらうには顔写真にこだわる必要があります。

では、どういった写真を設定した方がいいのかご紹介する前に、これは絶対NGという写真からピックアップしていきます!

マッチングアプリの写真でこれは絶対NG!

料理やペットなど本人が写っていない

よく見かけるのは料理やペットの写真をプロフィールに設定している人。

顔写真ではない場合、スルーされることが多いので要注意。

相手はあなたの食べた料理やペットの写真、風景を知りたいわけではありません。

もし、どうしても料理やペットの写真を入れたいのであれば、プロフィール写真ではなく、1枚目以降に設定できるサブ写真に登録しましょう。

サブ写真に登録すれば、話の話題にもなりやすいのでオススメです。

異性と写っている

異性と写っているプロフィール写真は、はっきり言って言語道断です。

真面目に相手を探している人からすれば、もしかしたらこの人は遊んでいるのでは?と思われやすいです。

また、元カノや元カレと写っている写真だと勘違いされてしまうことも…。

もし友達だとしても、異性と写っている写真を良く思う人はいません。

たまに見かけるのは、明らかに元カノや元カレと写っている写真なのに、一緒に写っている人物をスタンプや塗りつぶしで隠している人。

いくら自分の写りが良かったとしても、確実に相手からバレているので絶対にやめましょう。

加工アプリを使っている

SNOWなどの加工アプリで撮影した写真をプロフィール写真にしている人が結構多いです。

しかし、その写真は本来の自分の姿ではありませんよね?

加工アプリは可愛く写ったりかっこよく撮れたりするのがメリットですが、その写真を使うと、実際会ったときに「違う人が来た」と思われてしまいます。

せっかく楽しみしていたのに、イメージと違う人が来たらショックですよね…。

また、そういった理由で加工している写真を嫌がる人は多く、加工だと気付いた時点でスルーする人も多くいます。

今はナチュラルに撮影できる写真アプリもあるので、通常のカメラアプリは使いたくないという人はそちらを使ってみましょう!

特に男性がSNOWのスタンプなどを使っていると、女々しくて気持ち悪いと引かれてしまう可能性も大。

顔写真が重要視されているマッチングアプリで極度の加工写真を設定するのはNGです。

清潔感ゼロで生活感しかない

誰が撮ったのか分からない家での一枚、寝間着やジャージ姿、ぼさぼさの髪…こんな写真にいいねは来ません。

また、背景が家の中だと生活感が前面に出てしまうためNG。

とりあえず登録してみようと撮影した写真なのかもしれませんが、清潔感のない写真は男女ともに良く思われません。

お見合い写真のようにかしこまる必要はありませんが、最低限髪はちゃんと整えたり、服装に気を遣いましょう。

清潔感のある写真は好印象を持たれやすいです。

鏡越しで撮影している

男性でよくあるプロフィール写真ベスト3といっても過言ではない、鏡越しの自撮り。

家の鏡、トイレの鏡、ありとあらゆる鏡の前で撮っている写真をよく見かけます。

家の鏡ならまだ百歩譲ってましですが、トイレの鏡なんて清潔感はゼロで、手っ取り早く撮影したことが分かりやすいです。

真剣に相手を探しているということも伝わりにくく、写真を撮ってくれる友人がいないのかもと勘違いもされやすいので避けましょう。

顔がアップすぎる自撮り

顔がほぼわからない暗い写真やマスクありの写真もあまりよくありませんが、顔がアップすぎても良い印象を与えません。

アップすぎると圧がすごくて怖いという声も。

また、証明写真のようだと嫌がる人も多いです。

一歩間違えると、ナルシストだと思われることもあるので、ドアップの自撮り写真を設定するのはオススメしません。

いいね!をたくさんもらえるプロフィール写真とは?

清潔感のある服装や髪型を心がけよう

先ほどお伝えしたとおり、生活感丸出しの写真や清潔感のない写真は嫌がられます。

男性であればぼさぼさの髪は清潔感ゼロですし、女性だと派手すぎるメイクや服装はNG。

男女ともに派手すぎる見た目は、遊んでいると思われてしまいますので避けましょう。

特に女性はバッチリとしたメイクよりも、ナチュラルメイクの方が男性ウケしやすい傾向があります。

自然な姿で堅苦しくない写真

カフェでランチをしている姿や、旅行先での写真も好印象。

堅苦しい写真は逆にイマイチだと思われることもあるので、自然体の姿だと普段の姿も想像しやすいです。

もちろん顔がわかりやすい写真を登録しましょう。

趣味がある人は趣味を楽しんでいる写真を設定すると、同じ趣味の方からいいねがもらいやすいです。

愛嬌のある明るい笑顔

プロフィール写真が明るい笑顔だと、相手に良い印象を与えやすいです。

かといって無理矢理笑うのも良くありませんが、全く笑っていない無表情の写真は怖いと思われてしまうことも。

友人と過ごしているときに撮ってもらうと、自然な表情の写真が撮りやすいと思います。

まだ話していない状態だと顔を見て判断することも多いので、なるべく相手に安心感を与える写真を選びましょう。

プロカメラマンが教える!写真の撮り方のコツ

基本的には、自撮りするよりも他の人に撮ってもらうことをオススメします。

というのも、自撮りだと友達がいないと思われたり、ナルシストだと思われる可能性が高いためです。

写真を撮りたいけどどんな写真がいいのか悩んでいる方、そもそも撮り方がわからず悩んでいる方、写真に対しての悩みを抱えている方はたくさんいらっしゃると思います。

ここでは、そんな悩みを抱えている方に向けて、写真の撮り方のコツをご紹介していきます!

スタイルを良く見せたいならカメラを上向きに

顔だけの写真ではなく、全身写真にしようかなと考えていても、はっきり言ってスタイルには自信がない…そんな方も多いと思います。

よく下から撮るといいと聞きますが、しゃがんで下から撮ってもらうと、煽りすぎて不自然な印象に。

下から撮るのではなく、カメラを上向きにして撮ると自然に身長が高く見えます。

携帯のカメラを上向きにするときは、手首が直角になるイメージで構えるとなお良し。

また、写真の撮り方はもちろん、服装に気を付けるとスタイルがより良く見えますよ。

例えば、低身長の方は大きめのアウターやサイズの合っていないワイドパンツなど、ダボダボすぎる格好はなるべく避けるといいでしょう。

足を見せることによってより身長は高く見えます。

身長にコンプレックスを抱いているという方は是非お試しください。

二重顎が気になる人は斜めから

二重顎が気になる方は思い切って真正面から撮る写真はやめましょう。

向く方向は、左でも右でもどちら向きでも構いません。

斜めを向き、肩の力を抜いて肩を下げて、首の長さを強調させるように少し上向きに顔を上げます。

首の長さを上手く見せると、小顔効果もありますし、フェイスラインが綺麗に見えます。

以前、結婚式の前撮りのフォトグラファーをしていたときに、よく新郎新婦さんに「顎を引いてください」とお伝えしていました。

顎を引くといっても、ただ顎を引くだけだと二重顎のようになってしまいます。

そのまま顎を引くのではなく、首を引くイメージで顔を少し後ろに下げてみてください。

すると、二重顎になることもなく、すっきりとした写真になりますよ。

斜め45度はもう古い?

女性に向けてお話したいのですが、よく可愛く撮れる角度といえば斜め45度と言われていましたよね。

しかし、実際は斜め45度よりも20度くらいの緩い角度で撮影した方がオススメです。

というのも、45度で撮影してしまうと上目遣いが強調されすぎて、わざとらしい表情になりやすいのです。

20度だと自然に可愛く撮れて、顔もシャープに写ります。

あざとい写真は敬遠されることもありますので、気を付けましょう。

自然光を生かした明るい写真を撮ろう

画質が悪い写真や暗い写真をプロフィールに設定するのはNG。

顔も分かりにくい上に、写真の雰囲気も良くありません。

プロフィール写真に設定する写真は、なるべく昼間に撮影するのがオススメ。

夜に店内や部屋の中で撮ると、どうしても陰影が強く出てしまうことも多く、綺麗に撮れないパターンが多いです。

自然光で撮れば顔もはっきりと分かりますし、自然体で雰囲気の良い写真が撮れます。

一枚目で相手の目を惹きつけるのなら、自然光で明るい写真を撮ることを心がけてみてください。

真正面で撮影するよりも視線を外すことで好印象に

真正面で撮ると、どうしても威圧感が出てしまう可能性があります。

それよりも自然な印象を与えるのは、少し目線をずらすこと。

友人に撮影してもらう際には、真っ直ぐカメラを見るより目線を外すことを意識してみてください。

また、目をコンプレックスだと思っている方もいると思いますが、少し目を伏せがちにすると簡単にカバーできますよ。

ちなみに体の向きも、真正面より斜めの方が角度を付けられるので、痩せて見えます。

端に寄るよりも中央で撮影した方が綺麗

よく中央ではなく端で撮影している人もいますが、実は端に寄って撮影してしまうと人物が平たく伸びてしまうんです。

スマートフォンのカメラのレンズの構造上、端に写る人物は横に伸びるため、太って見えることも…。

中央で撮影することで真っ直ぐ綺麗に写るため、できれば端に寄るのはやめましょう。

例えば、プロフィール写真だけではなく、友達何人かで撮影するときも、端にいるよりは皆で中央に寄ってみた方が綺麗に撮れます。

なんだか写りが良くないな…と気付いたときには、撮影するときの立ち位置も確認してみてくださいね!

まとめ

今回はフォトグラファーの視点からマッチングアプリの写真の上手な撮り方をご紹介しました。

マッチングアプリで最も重視されるプロフィール写真。

せっかく紹介文をきちんと考えても、写真でスルーされてしまうのは辛いですよね。

写真をどう工夫するかで、いいねは格段に増えます!

今まで上手く行かなかった方の手助けになったら幸いです。

なかなかいいねがもらえないと悩んでいる方や、自分の写真に納得がいかない方は是非紹介した方法を試してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

"未来を描く恋愛・婚活メディア"ミラハピを運営しています。
婚活を行っている方のタメになる情報やエンタメ、イベントなどのコンテンツを発信。
より身近で、親しみのあるメディアを目指して運営中!
婚活だけではなく、出会い~結婚までサポートします。

目次